2013年3月29日金曜日

ロジクールの対応に失望

キーボードやマウス、無線機器などのパソコン周辺機器メーカーとして知られるロジクール。
先般この会社のトラブル対応には非常にがっかりした。

ことの発端は2011年11月にネットにてゲーム用ハンドル「ドライビングフォースGT」を購入したところまで遡る。息子がプレステ3のF1ゲーム用に買ったものである。
ところが使用から3ヶ月ほどでシフトの上げ下げをするボタンが機能しなくなった。
(その当時ゲーム仲間にも同じ場所が故障したというケースを聞いてはいたのだが・・・)
その時は当該メーカーのカスタマーリレーションセンターとのメールのやりとりで、修理ではなく新しい製品との交換という対応をしてもらった。
この時は製品そのものに多少の不信感はあったものの、敏速な対応にこちらもある程度好感を持った。

だが、そうした感情も長くは続かなかった。その時送ってもらった代替品がまた保証期間の一年経たずして再度壊れたのである。
それも以前とまったく同じ部分がである。

実際の車の世界なら当然「リコール」対象ではないかと思わせるほどのズサンな製品である。
以前の息子の友人の話が思い出され、非常に腹立たしかった。
早速、カスタマーリレーションセンターに電話連絡したが、この手の電話にありがちな待たされ状態が続いたため、以前同様メールでの問い合わせに切り替えた。

ところが、返ってきたメールの回答を読み呆れ果てた。
その返信メールには通り一辺倒の簡単なお詫びの後、次のような文面(先方から送られた文面そのものを記載)が続いた。

【ロジクールは、正規品の当初の購入者に対し、購入日から、製品パッケージ
および/または保証書に記載されている保証期間につき、ロジクールのハード
ウエア製品の材料および仕上がりに欠陥がないことを保証します。】
とありますように、当初のご購入日よりの起算になります。
2011年11月7日ご購入でございますので、今回は保証対応させて頂けません
ので、ご了承願えればと存じます。


以上が回答だった。
確かに、購入日から2回目の故障までを通算すれば1年4ヶ月ほど経過していることはこちらも承知の上である。
その意味では多少「虫のいい話」と思いつつ、今回の問い合わせに至ったが、こちらが問題にしているのはそんなこと(今回のケースが1年を経過しているかどうか)ではない。
当該メーカーの製品保証の規定がどうであれ、最初に購入した製品も代替品として送られた製品もいずれも一年以内に同じ個所が故障したという事実が問題なのである。

以上の旨を再度メールにて返信したが、その後この文章を書いてる(3月29日)時点では、
未この件に関する回答はロジクールから送られてきていない。
こうした企業としての対応姿勢もまた不信感につながるところだ。

正直なところ、今回は代替品を強く要求している訳ではない。
以前のこともあり、またこちらとしてもある程度愛用し楽しませてもらったということもあり、無理は言えないと思っていた。
ただ、これまでの経過とトラブルの内容を踏まえ、ある程度の顧客に対する配慮があって然るべきと考えただけである。

・同じ部分が故障したという事実が複数の事例としてあること。しかも一顧客に重複して起こったと いうこと。
・追記問い合わせに対する回答がないという無責任なカスタマーリレーションセンターの対応。

以上の2点に対し、この際ロジクールに対して強く抗議したい。
パソコン関係では、これまで当該ロジクールの製品をいくつも購入し、愛用し評価してきただけに、
今回の製品そのもの(ドライビングフォースGT)とメーカーとしての対応には非常に残念でならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿